豪華なクリスマスツリーならこれ!人気サイトランキング

top > クリスマスツリーの人気情報 > クリスマスツリーを選ぶポイントや注意点

クリスマスツリーを選ぶポイントや注意点

 子どものいる家庭ではクリスマスツリーを飾るところが多いと言われていますが、いざ選ぶとなると、どんなものがいいのか迷ってしまうという人も多いでしょう。クリスマスツリーを選ぶ際の一番のポイントとなるのはサイズであり、さまざまな大きさのものから選ぶことができます。大きいサイズのものとしては、180cm~195cmのものがあり、とても豪華に見えますし広々とした部屋に合います。しかしこのサイズは重量が6kg程度あって組み立ても一苦労しますし、オーナメントも沢山用意しなければならないため費用が高くなりがちです。一般的な家庭の間取りに合ったサイズとしては120cmのものがあり、特に都市部などで人気があります。この程度のサイズであれば、それなりの存在感を出しつつ、取り扱いも楽にできると言えるでしょう。

 その他の、選ぶ際のポイントとしては、まず枝や葉が多いものを選ぶということが挙げられます。枝や葉が少ないとスカスカして貧弱な感じになってしまうため、枝や葉の本数の多さや密度の濃さもチェックしておきましょう。次に挙げられるポイントは、クリスマスツリーの足元にも注目するということです。クリスマスツリーは上の部分がメインですが、足元にポットがなく露出して寂しい感じのものもあります。ですのでポットがない場合は、ツリースカートなどのアイテムを使って隠すという工夫も必要でしょう。さらに挙げられるポイントは、クリスマスツリーの形状を考慮するということです。クリスマスツリーには、一般的なワイドタイプの他にも、狭い間取りの家庭で人気があるスリムタイプや、よりボリューム感のあるコンチネンタルタイプがあるため、場所や自分の好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

 最後に、クリスマスツリーを選ぶ際の注意点としては、収納場所のことも考慮するということが挙げらえます。クリスマスツリーを飾る期間は1ヵ月か2ヵ月程度で、それ以外の期間は納戸やクローゼットの中へ収納する必要があります。ですので、収納する際の箱のサイズが大きすぎるとクローゼットなどに入りきらないということにもなりかねないため、あらかじめ収納する際のサイズも確認しておくことが重要でしょう。そしてクリスマスツリーに飾るオーナメントに関しても、初めから多く購入して完成形を目指すより、毎年少しずつ好きなものを買い足していくほうが、選ぶ楽しみがあって良いと言えます。そして小さな子どもがいる場合は、子どもが誤って飲み込んでしまうようなサイズのオーナメントを選ぶのは避けたほうがよいでしょう。

次の記事へ